睡眠不足は美容の敵と言われるのはなぜか?

睡眠不足は美容の敵と言われるのはなぜか?

睡眠不足になると、目の下の皮膚が黒ずんできます。これを目の「隈」と言
います。英語では、これを「ブラック・サークル・アンダー・ザ・アィズ」と
言います。目の下の黒い輪という意味です。
歌舞伎には〃隈どり〃と言って、わざわざ目のまわりを黒く描き、陰鶏をこ
とさら強調する化粧法があります。もっと控えめながら、このような化粧をし
ている白人女性を見かけることもあります.目の在り処を強いコントラストで
示すことは、感情や魅力を誇張して表現するのによい方法なのでしょう。
しかし、睡眠不足のせいでできる目の下の隈は、女性にはもちろんのこと、
男性にもありがたくないものです。
それでは、睡眠不足の証しみたいな目の隈は、なぜできるのでしょうか。こ
れは、目のまわりの毛細血管の緊張が解けて拡張し、鯵血したせいだと考えら
れています。諺血は、睡眠による回復機能が欠如するから生じるのでしょう。
人によっては、よく眠れなかったあとでもこんな色変化が現れます。
では、なぜ寝不足の際に鯵血するのでしょうか。目のまわりの細動脈に入っ
てくる自律神経に何らかの速いがあって、ほかより緊張が低下しやすく、諺血
がおこりやすくしているのでしょうか。

目のまわりにある組織には、毛細血管とか微細術環にかかわる構造が横切っ
ていますが、ここは、ほかの体表組織とは明らかに違います。組織が密でなく
間隙が多くて弾力がないため、ほかの組織よりも緊張が解けやすいのです。目
を閉じたままにしておくとか、休息すれば緊張を回復できるのでしょうが、目
を開けたままにしておくと緊張がなくなってしまうのです。
一方では、睡眠時に分泌されるホルモンも美容の回復に貢献しています。た
とえば言脳ホルモンの一種である成長ホルモン放出ホルモンは葦睡眠物質とし
て深いノンレム睡眠を誘発させると同時に、脳下垂体に作用して成長ホルモン
を放出させます。
成長ホルモンは、生体を積極的に構築したり修復したりするために重要なホ
ルモンとして、熟睡期にまとめて分泌されます。みずみずしい肌が保たれるに
は、表皮の細胞分裂を促進する成長ホルモンの支援があるからです。
ですから、不眠がちでストレスがたまったり、徹夜で働いたりすると、免疫
システムの機能が衰えたり、成長ホルモンの分泌が妨げられたりして、美容を
損なうことになるのです。

 

 

睡眠薬副作用